マカで不妊症を改善するのTOPに戻る

不妊症の原因は

 
不妊症の原因には、妊娠の段階に対応して考えると「排卵障害」「卵管障害」「受精障害」「着床障害」の4つがあると言えるでしょう。

不妊症の原因で「排卵障害」とは、卵子(卵胞)が生育しないとか卵巣から出て行かないことを指します。

その原因としては、脳下垂体の異常によるホルモン分泌異常、妊娠状態に近い体内状況になる高プロラクチン血症、卵巣表面が厚くなりその中で多数の卵胞が溜まる多嚢胞性卵巣、加齢などによる卵巣機能低下などがあります。

「排卵障害」の治療は、基本的に薬物療法で行われますが、多嚢胞性卵巣では手術も行われます。

不妊症の原因で「卵管障害」とは、卵子の通り道に障害が発生し卵子が精子を迎えに行けないことを指します。

「卵管障害」の原因には、子宮内膜が子宮外にできる子宮内膜症、クラミジアや淋病などの性感染症、膣炎その他の炎症から派生する卵管炎などがあります。「卵管障害」の治療は、主として手術で行われ、不妊治療としては体外受精も選択されます。

不妊症の原因で「受精障害」とは、卵子の表面が硬く精子が進入できないとか、卵子がそもそも未成熟であることなどを指します。「受精障害」の治療としては、顕微授精が選択されるようです。

不妊症の原因で「着床障害」とは、受精卵の異常で着床能力が無い、子宮奇形などで子宮が着床できる状態ではないという原因で起こります。「着床障害」の治療は、その原因により薬物療法と手術とに分かれます。

    

関連コンテンツ

不妊症が増加している原因は

   現在は、不妊症の方が増加しているといわれています。それはどうしてなのでしょうか。これには様々な問題が複雑に絡み合っているのです。 まず始めに ΑΑ

不妊症の兆候は

   不妊症になる方には、いくつかの共通した兆候があります。不妊症につながる兆候に心当たりのある方は、病院で不妊検査を受けることをお勧めします。 不妊・・・