マカで不妊症を改善するのTOPに戻る

不妊症の兆候は

  
不妊症になる方には、いくつかの共通した兆候があります。不妊症につながる兆候に心当たりのある方は、病院で不妊検査を受けることをお勧めします。

不妊症が疑われる兆候の1つ目は、過度のダイエットでげっそりと痩せることです。過度のダイエットを行うと、人間の体は「飢餓状態」となり、エネルギーを溜め込むために活動が鈍くなります。

女性の体は「飢餓状態」を感じると、排卵を促進するホルモンが分泌されにくくなってしまうのです。生理に遅れが出たら、「そのダイエットは危険だ」というサインだと思って下さい。

不妊症が疑われる兆候の2つ目は、さっきとは正反対の「肥満」です。体内に脂肪が蓄積されると、卵胞ホルモンが埋もれてしまうので、排卵がスムーズに行われなくなります。

特に「下半身太り」の人は、骨盤内の血流が悪くなるので、子宮に悪影響を及ぼしやすいと言われています。痩せすぎの人と違って、排卵を促進するホルモンが出なくなるということはありませんが、ホルモンの分泌量には限界があります。

ですから、肥満体型の女性の方は、必要十分な量のホルモンが得られなくなり、それが不妊症の原因となるのです。

一番よくないパターンは、ダイエットを失敗してリバウンドを繰り返すことです。過度のダイエットと肥満が交互に繰り返されるわけですから、不妊症になるリスクがますます高くなってしまいます。

   

関連コンテンツ

不妊症が増加している原因は

   現在は、不妊症の方が増加しているといわれています。それはどうしてなのでしょうか。これには様々な問題が複雑に絡み合っているのです。 まず始めに ΑΑ

不妊症の原因は

  不妊症の原因には、妊娠の段階に対応して考えると「排卵障害」「卵管障害」「受精障害」「着床障害」の4つがあると言えるでしょう。 不妊症の原因で「排卵障害」とは、卵子 ΑΑ