DVDやブルーレイ(Blu-ray)などのコピーガード解除方法のTOPに戻る

DVDのコピーガード解除方法

  
 
DVDのコピーガードを解除して、コピーを作成する方法をご紹介します。

DVDには、コンテンツ暗号システムであるCSS、
いわゆるコピーガードがほどこされています。


このDVDのコピーガードを解除してコピーを作成するには、専用のソフトやフリーソフトを使用して行います。



「 DVD Decrypter 」と「 DVD Shrink 」のフリーソフトを使用する


「 DVD Decrypter 」でDVDのコピーガード(CSS)を解除して、「 DVD Shrink 」でDVDのデータを取り出すことによって、DVDのコピーを作成することができます。

注意すべき点は、「 DVD Decrypter 」「 DVD Shrink 」の2つのフリーソフトを連携して作業を行うという点です。それぞれのソフト単独では、コピーガードを解除してコピーは作成できないということです。

「 DVD Decrypter 」
DVDデータのバックアップを作成する為に使われる無料のフリーソフト。DVDのデータをバックアップする際に、DVDのコピーガード(CSS)を解除してしまいます。つまり、DVDのコピーガード(CSS)を丸ごと外して、ハードディスクにコピーすることができるのです。

「 DVD Shrink 」
DVDのディスク容量を圧縮する無料のフリーソフト。通常、片面が2層のDVD記憶領域を、片面1層のDVD-RなどのDVDメディアに収まるように自動で圧縮してくれます。ただし、書き込み(コピー)はできません。そこで「 DVD Decrypter 」を一緒に取り込んでおくことによって、データを書き込むこと(コピーすること)ができるのです。



「 Any DVD 」と「 Clone DVD 」のソフトを使用する


「 Any DVD 」でDVDのコピーガード(CSS)を解除して、「 Clone DVD 」でDVDのデータを取り出すことによって、DVDのコピーを作成することができます。

注意すべき点は、「 Any DVD 」「 Clone DVD 」の2つのソフトを連携して作業を行うという点です。それぞれのソフト単独では、コピーガードを解除して、コピーは作成できないということです。

これらのソフトは、有料ソフトであるだけのメリットがあります。
・コピーコントロールCDとよばれる、CDのコピーガードを解除することができる
・外国のDVDソフトを、リージョンコードを解除して見れるようにすることができる
21日間の無料お試し期間があるので、まずはその力を試してみましょう



「 Any DVD 」
DVDのコピーガード(CSS)を解除することができるソフト ⇒ 詳細はこちら

「 Clone DVD 」
主に、DVDデータのバックアップを作成する為に使われるソフト。通常、片面が2層のDVD記憶領域を、片面1層のDVD-RなどのDVDメディアに収まるように自動で圧縮し、そして、データを書き込みます(コピーします)。 ⇒ 詳細はこちら



画像安定装置を使用する


これは、上記のような、ソフトをパソコンにインストールしてコピーする方法とは違うものです。画像安定装置といわれる機器を使用してコピーを行います。画像安定装置は、普通に電器店やインターネットで販売されています。画像安定装置がどのようなものかは、インターネットの大手通販店で確認してみて下さい。


  ⇒ 楽天市場で見てみる

  ⇒ Yahoo!ショッピングで見てみる

  ⇒ Amazonで見てみる





※当サイトでは、コピーガードの解除(不正ダビング・不正コピー)を勧めているわけではありません。コピーガードを解除してのコピーの作成は、たとえそれが私的なコピーの作成であっても法律で禁止されています。使用された結果、発生したトラブルや障害、法的問題に関しての一切の責任は負いかねます。ご使用の際は完全に自己責任のもとで行って下さい。
     
     
関連コンテンツ

ブルーレイ(Blu-ray)のコピーガード解除方法

    ブルーレイ(Blu-ray)のコピーガードを解除して、 コピーを作成する方法をご紹介します。 ブルーレイ(Blu-ray)には、「 AACS 」と「 BD ΑΑ

画像安定装置でコピーガードを解除する

     結論から先に言いますと、画像安定装置を使えば、いとも簡単に、DVDやブルーレイ(Blu-ray)、地上デジタル放送などにほどこされてい・・・