ベビースリングのお得な通販情報のTOPに戻る


ベビースリングとは

   
「シアーズ博士夫妻のベビーブック」発売以来、日本でも徐々に街で見かけるようになった「ベビースリング」。

「ベビースリング」とは、新生児から3歳ぐらい(14Kg程度)の子供を手を使わずに抱いて歩行、保持するための布状の抱っこ紐のことです。

「ベビースリング」の使い方は、輪になった布を片方の肩に斜め掛けにし、布の袋状になった部分に赤ちゃんを抱き入れて使用します。

抱っこの方法もいろいろで、横抱き、縦抱き、カンガルー抱き、バナナ抱き、ピーナッツ抱きなどあり、おんぶをすることもできます。

「ベビースリング」と言っても、リングなどで長さを調整するリングタイプと、最初から使用時の長さに製作されたリングなしのものまで形はいろいろありますが、基本的には布一枚で背当てなどの部品のないシンプルなものを指します。

赤ちゃんは、「ベビースリング」に体をすっぽり包まれ、肌に密着することでお腹にいたときと同じような感覚になり安心感を得ることができるそうです。

またシンプルな構造によって、お母さんの抱っこによる肩や腰への負担も少なくなります。

「ベビースリング」は、ご出産を控えている方にはもちろん、現在育児中の方にも使用していただきたい育児アイテムです。



ベビースリングのお得な通販情報






   楽天市場で価格を見てみる

   Yahoo! ショッピングで価格を見てみる

   Amazonで価格を見てみる
   
   
   
   
関連コンテンツ

ベビースリングが人気の理由は

    アタッチメント育児とは?「シアーズ博士夫妻のベビーブック」の著者である小児科医のシアーズ博士から長年の経験を経て生み出された育児における考え方です・・・

ベビースリングを使用する際の注意点

    「ベビースリング」の使い方は、コツをつかめば難しいものではありません。慣れてくれば「ベビースリング」を装着してから赤ちゃんを抱っこするまでに10秒とぁΑΑ